陰部の脱毛にもフラッシュ式脱毛器

家庭用の脱毛器を使用して、陰部の毛を脱毛したいと考えている人が男女を問わず相当数いらっしゃるようですので、陰部の脱毛についてここでお話しておこうと思います。
陰部は普段下着に隠れていますので、何も脱毛しなくてもと考える方もいると思いますが、一方で下着からはみ出てしまうほど陰毛が生えている方や、恋人に見られた時に恥ずかしいというコンプレックスを抱えていらっしゃる方もいらっしゃいます。

ただし、陰部の脱毛についてはほかの部位と違った点にも気を使わなければいけないので以下に列挙してみます。

  • 陰部は粘膜の露出部など特に肌がデリケートなので、肌への刺激は極力抑えたい
  • 陰部は排泄する部位でもあるので、不衛生になりやすく、脱毛後の化膿などに気を使う必要がある
  • 他人に見せるには非常に抵抗のある部署なので、脱毛エステなどでは頼みづらい

陰部は顔と同じようにデリケートな部位なのに加えて毛が太く硬いため、脱毛による肌の炎症や埋没毛などの肌トラブルが起こりやすい部位です。
したがって肌への負担の大きい毛を引き抜くローラー式脱毛器やピンセットなどによる脱毛はやめるべきですし、シェーバーや熱線式の脱毛器もできる限り避けた方がいいでしょう。

また、陰部の脱毛というとブラジリアンワックスのようなジェルタイプの脱毛剤も人気ですが、肌への負担ということを考えると避けた方が無難です。

次に陰部は排泄を行う部位でもありますので、排泄物が陰毛に付着してしまうことを避けるために脱毛を希望される方もいますが、脱毛した際の弱った肌への排泄物の付着にも気を使って頂きたいと思います。
脱毛したことによって毛穴が開き、軽い炎症を起こしてしまっている場合もあるため、そこに排泄物が付着するのは何としても避けたいところなので、脱毛後のケアをしっかりしていただきたいのと、脱毛の際もできる限り肌への負担を軽くしていただくために、フラッシュ式脱毛器を使う場合であっても出力を一番弱くして、その分回数でカバーするようにしてあげてください。

最後に、陰部というだけあって普段は決して他人に見せない部位でもあるので、エステティシャンはもちろん、美容外科のお医者様にも見せたくないというのが本音でしょう。
そのため、ほかの部位の脱毛はエステでやったけど、陰部の脱毛だけは自分でという方もいらっしゃるようです。

そのような方には、やはり肌への負担が少なく、脱毛後のケアも比較的簡単にできるフラッシュ式脱毛器がお勧めです。

自宅でツルツル脱毛!フラッシュ式脱毛器の決定版

まずは公式サイトで実物を見てください。最短で明日から自宅脱毛の環境が整います。お支払いも月3,000円からでOK! 1241 脱毛器ケノン

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ