脱毛器の防水機能について

シェーバータイプやローラータイプの脱毛器を中心に防水機能が付いている家庭用の脱毛器が多数発売されていますね。

これらの脱毛器が防水機能を搭載しているのは、お風呂での使用、特にボディソープなどの泡によって脱毛時の痛みや炎症を和らげることを前提として作られた脱毛器では防水機能は必須となっています。
また、脱毛器の使用後に水洗いできるようなタイプの脱毛器も防水機能が付いていますね。

ただ、これらのことから解ることは、防水機能が付いているタイプは便利であるという半面、泡で痛みを和らげなければならないほど肌に負担が掛かるか、水洗いをしなければならないくらい脱毛器のお手入れが必要であるというデメリットがあるということです。

お風呂で脱毛できるということはいいことではありますが、お風呂でやらなければ不便という理由は余りありません。

例えば、フラッシュ式脱毛器には防水機能はありません。
なぜなら、フラッシュ式脱毛器は濡れる必要がないからです。
泡など使わなくても肌への負担は少ないですし、もともと肌には一切触れないので、水洗いを必要としません。

脱毛器を選ぶ際に何を重要視するかは人それぞれだと思いますが、防水機能は必ずしも重要ではありませんし、その裏にあるデメリットもしっかり把握しておく必要があります。

私は家庭用の脱毛器を選ぶなら、肌への安全性を第一に考えて、フラッシュ式脱毛器を選択しますが、あなたは何を選びますか?

自宅でツルツル脱毛!フラッシュ式脱毛器の決定版

まずは公式サイトで実物を見てください。最短で明日から自宅脱毛の環境が整います。お支払いも月3,000円からでOK! 1241 脱毛器ケノン

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ