脱毛器を使うと痛いのは何故ですか?

脱毛器を使った場合を含め、エステや医療機関で脱毛した場合でも、痛みと言うのは多かれ少なかれ必ずあります。
まず、単純に脱毛をするケース(毛抜きや除毛クリーム、さらには毛を引き抜くタイプの脱毛器がこのケースに当たります)では、毛を強引に肌から引っこ抜くわけなので、痛くない訳がないんです。
毛根は皮膚の中で体から栄養を受け取る為に体と繋がっている訳ですから、引き抜くときに当然神経が刺激され痛いと感じるんですね。

次にフラッシュ式脱毛器やレーザー脱毛器など毛根を破壊するケース(エステや医療脱毛もこのケースに当たります)では、光やレーザーのによって毛根に熱エネルギーを伝えて焼いて破壊することになるので、痛いと感じることになります。
毛根に伝わる熱エネルギーが大きければ大きいほど脱毛効果は高くなりますが、熱くなるので痛みを大きく感じることになりますから、その点ではレーザーの方がより大きく痛いと感じることになります。

脱毛方法のなかで痛みを感じることが少ないと言われているフラッシュ式脱毛器でも、まったく痛みがないという事は、原理的にはあり得ません。

ただ、フラッシュ式脱毛器は毛根に伝える熱エネルギーの強弱を調整できるので、弱くすれば痛みは小さくなりほとんど感じなくすることも出来ますが、脱毛効果はその分低くなります。
強い痛みを我慢して、すこしでも早く脱毛を終わらせるか、弱い痛みですむエネルギーでちょっと長い期間をかけて脱毛するかは、ご自身で判断する必要があります。

ご家庭で脱毛をされる際には、痛みをどれくらい我慢できるかということも考慮して、強さのレベルを調節できるフラッシュ式脱毛器を選択されることをお勧めします。

自宅でツルツル脱毛!フラッシュ式脱毛器の決定版

まずは公式サイトで実物を見てください。最短で明日から自宅脱毛の環境が整います。お支払いも月3,000円からでOK! 1241 脱毛器ケノン

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ