年齢とともに変化する肌性について

肌性が歳と共に変化するといってもシワが出来たりと言った外見的な意味だけではありません。
一般的に言うと、まず赤ちゃんのころは皮脂が多めで、幼稚園に通う3歳あたりになるとカサカサに。
そして思春期になるとニキビが出来るのを見ても解るとおり、再び皮脂が多くなり、25歳前後をピークに皮脂は減っていきます。

脂性肌の人が一番多いのは17歳前後で、それが50代になると全体の10%あたりまで減ってしまいます。

脂性肌、中性肌、乾燥肌の人がそれぞれ1/3程度とほぼ同じになるのは、22,23歳ぐらいの頃。
この年齢を境にして、割合は脂性肌<乾燥肌となって、50代では乾燥肌の人が90%にも達するんですね。

つまり、あなたが20代なら、自分は乾燥肌のつもりであっても、実は脂性肌だという場合もあるわけです。
ですから、今現在どういう肌性なのかをきちんと知っておかないと、脱毛器を使った際に、思わぬアクシデントを招いてしまいます。

さらに自分の肌性に合わない脱毛などのスキンケアを続けていると、歳を取ってから、その結果がものの見事に出てきます。

若いころは肌の方に順応性や耐性があるので、何も考えずに脱毛器を使ったり、スキンケアをしても、回復してくれます。
しかし、歳をとってくると肌の回復力が低下するので、脱毛器や刺激の強い化粧品によるダメージが蓄積し、肌トラブルとなって表れてくるんです。

大人になれば肌性は変わります。
赤ちゃんには赤ちゃんの。大人には大人のスキンケアがあるという事を覚えておきましょう。

自宅でツルツル脱毛!フラッシュ式脱毛器の決定版

まずは公式サイトで実物を見てください。最短で明日から自宅脱毛の環境が整います。お支払いも月3,000円からでOK! 1241 脱毛器ケノン

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ