美肌と睡眠の関係について

朝、起きると大概の人は鏡を見ます。
「肌の調子、寝不足だけど今日はどうだろうか?」などと、鏡の中を覗き込んだ覚えは誰にでもあるでしょう。

昔から、睡眠不足は美容の敵とは繰り返し言われてきたことです。
でも、どうして睡眠不足は美肌に良く無いのでしょうか。

皮膚は新陳代謝を繰り返しています。
皮膚細胞は肌の奥にある基底層で作られてから、有棘層、顆粒層、透明層、角質層へと性質を変えながら14日かけて上がっていき、14日間そこに留まってから、アカとして剥がれ落ちていくのです。
これをターンオーバーと言います。

それと同じように1日の間でも肌は新陳代謝を繰り返しています。

昼には老廃物を盛んにだし、夜は明日の活動に備えて栄養を補給します。

人が眠っている間も、皮膚は働き続けます。
それに関係するのは自律神経で、これには昼に主に働く交感神経と、夜に主に働く副交感神経があります。

副交感神経は、胃腸の働きを活発にし、毛細血管を広げて血液の循環を高めます。
これで体の隅々まで栄養を送り届けるのです。
当然肌にも栄養が届けられます。

一日のうち、新陳代謝が活発に行われるのは、夜10時から翌朝2時頃までで、この間に十分睡眠を取っているかどうかが、翌日の肌の調子に大きく影響を与えることになります。
ぐっすり眠ることでみずみずしい肌を保つことができるのです。

みずみずしく美しい肌の方がフラッシュ式脱毛器による肌トラブルの可能性がグッと低くなるので、睡眠をしっかりとるようにしてくださいね。

自宅でツルツル脱毛!フラッシュ式脱毛器の決定版

まずは公式サイトで実物を見てください。最短で明日から自宅脱毛の環境が整います。お支払いも月3,000円からでOK! 1241 脱毛器ケノン

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ