脂性肌・乾燥肌での脱毛器の使い方

今、吹き出物が出来ている、あるいは10代の頃にニキビ顔だったから、自分は脂性肌だと思っていませんか?
確かに若いころは皮脂の分泌が盛んなので、肌は脂性になりますが、加齢とともに皮脂の分泌は次第に少なくなり、乾燥肌になる人が増えていきます。

現在の自分が脂性肌なのか乾燥肌なのかテストをするには、洗顔した後、なにもせずに2時間ほどおいてから、脂取り紙を当ててみることです。
肌の脂がベトッと付くようであれば脂性肌、ポツポツと付くようなら中性肌、何も付かなければ乾燥肌となります。

脂性肌の人の場合、余分な皮脂が体毛に付着することで細菌が繁殖し、肌荒れなどの要因となるため、フラッシュ式脱毛器で脱毛することで、肌がスベスベになるだけでなく、肌トラブルの回避にもつながります。
乾燥肌の人の場合、脱毛することでさらなる乾燥に繋がる事があるので、特に冬場にフラッシュ式脱毛器を使用するのは避けましょう。

肌が乾燥しにくい春以降に脱毛することで、徐々に肌を慣らすと、毛穴が塞がるとともに、肌の保湿力が高くなり、冬場でも脱毛前より乾燥しにくくなります。

肌質を自己判断した場合、乾燥肌だと思っていた人が脂性肌だったり、丈夫な肌の人が実は敏感肌だと思っているケースが結構ありますので、先ほどのテストや肌の水分量を図るなど、客観的な判断が出来る方法で自分の肌質を確認するようにしましょう。

科学的な話をすれば、肌のPHが5.5で中性肌となり、それより大きい値だと乾燥肌、低い値だと脂性肌となります。

肌質によって、スキンケアも違ってきますし、フラッシュ式脱毛器を使う時期や頻度に違いが出てきますので、きちんと自分の肌質を知るようにしましょう。

自宅でツルツル脱毛!フラッシュ式脱毛器の決定版

まずは公式サイトで実物を見てください。最短で明日から自宅脱毛の環境が整います。お支払いも月3,000円からでOK! 1241 脱毛器ケノン

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ