脱毛器使用に伴うヤケドについて考える

色々な種類がある脱毛器ですが、その中でもフラッシュ式脱毛器、レーザー式脱毛器、熱線式脱毛器については原理上ヤケドをする可能性があります。
ヤケドをしてしまうリスクは脱毛器が発する熱量によって変わる為、ヤケドが起きやすい順に上記の3つの脱毛器を並べると、
レーザー式脱毛器>>熱線式脱毛器>>フラッシュ式脱毛器
となるかと思います。

レーザー式脱毛器は光源にレーザーを使うので、強い熱で毛根を破壊できるメリットがありますが、その分肌がヤケドを負うリスクが高くなります。
熱線式脱毛器はその名の通り熱でムダ毛を焼き切るため、肌にダイレクトに熱が伝わり、ヤケドをする可能性が高くなってしまいます。

フラッシュ式脱毛器は光源がレーザーほど強くないので、ヤケドのリスクはグッと低くなりますが、肌が弱い方等が光のレベルを高くするとヤケドをしてしまう可能性があります。
ただ、レーザー式脱毛器とフラッシュ式脱毛器はレベル調整機能がついていますので、暑さや痛みを強く感じるようであればレベルを弱くすることで、ヤケドの可能性はずいぶんと低くなりますので、ご自身の肌コンディションに併せて調整して使うようにしましょう。

特に肌の弱い方はフラッシュ式脱毛器の一番弱いレベルから試すようにして、肌に影響のないレベルで脱毛するようにすると、ヤケドを回避することができるでしょう。
ヤケドをしてしまう可能性があるものの、フラッシュ式脱毛器はその他の肌トラブルの可能性がほとんどなく、効果も高いので、使い方を注意すること、それでも気になる方はアフターケアでしっかり冷やして保湿をするなどして、上手に使って欲しいですね。

自宅でツルツル脱毛!フラッシュ式脱毛器の決定版

まずは公式サイトで実物を見てください。最短で明日から自宅脱毛の環境が整います。お支払いも月3,000円からでOK! 1241 脱毛器ケノン

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ