硬毛化とはいったいなんでしょうか?

脱毛をすることで毛が太くなるというのは、主に毛を剃った時に断面が太く見えてしまうためで、レーザー脱毛やフラッシュ式脱毛の場合はそういうことが無いので毛が太くなることは無いと言われていますが、実際には確率は低いものの、毛が太くなってしまうことがあるようです。

これは「硬毛化」と言われる現象で、レーザーやフラッシュで脱毛された方のうち、7%~10%の人に現れる現象だとされています。
なぜ硬毛化が起こってしまうのかという原因は実は解明されてはいないのですが、レーザーやフラッシュによる弱い加熱により薄い産毛の毛根が逆に刺激されて活動が活発化し、太くなるのではとされています。
レーザーやフラッシュは濃い毛ほど熱が伝わりやすく脱毛効果が高いのですが、薄い産毛では熱が良く伝わらないために起こる現象で、そのため脇やVIOなどの毛の濃い部分ではこの硬毛化は起こらず、産毛の多い腕や足などで起こるようですね。

この硬毛化がなるべく起こらないようにするためには、レーザーやフラッシュの出力を上げて、さらに強い熱で産毛の毛根も破壊してしまうか、逆に弱い出力にして産毛の毛根に刺激を与えない程度に抑えるという2つの方法があります。
しかし、エステや家庭用の脱毛器の出力では前者の方法は出来ないので、後者の出力を抑える方法を取ることになります。
硬毛化を気にされる方は、弱い出力でじっくり脱毛をするようにしてください。
気にされないという方は強めの出力で脱毛を行って問題ありませんし、万一硬毛化が起こってしまっても、毛が太くなることにより脱毛しやすくなりますので、そのまま脱毛を続ければ自然とその毛も脱毛出来てしまうので大丈夫です。

ちなみにこの硬毛化、脱毛器の出力が大きい医療レーザーのほうがリスクが高く、脱毛エステや家庭用脱毛器の方がリスクは低くなりますが、どちらでも発生する可能性はあることは覚えて起きてくださいね。

自宅でツルツル脱毛!フラッシュ式脱毛器の決定版

まずは公式サイトで実物を見てください。最短で明日から自宅脱毛の環境が整います。お支払いも月3,000円からでOK! 1241 脱毛器ケノン

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ