脱毛エステによる疑惑の商法について

ここ数年、脱毛専門のエステサロンが急増していて、エステサロンの市場規模を押し上げているそうですが、それに伴って「脱毛サロン」をめぐるトラブルも年々増加しているそうです。
国民生活センターによると、2010~14年度の5年間でエステ業界全体で4万件近い相談があり、脱毛に限っても、やけどや皮膚トラブルが毎年200件近くあるということです。
実際に利用してトラブルに巻き込まれた方の声を紹介すると、
「ワキとビキニラインの脱毛が700円で通い放題だという広告を見て新宿の店に行きました。しかも他の部位の契約をするとワキとビキニラインは無料で何回でもできると言う。それならと前から気になっていた膝下で契約したところ、3万円。でも結局、実際に予約が取れたのは2年間で3回だけ。通い放題なんて大嘘です」
「何度電話しても、当たり前のように平然と『いっぱいです』と言うだけ。通い放題、何度でも行けるって、ほんとに騙されました」

上記のご意見を頂いたのは、脱毛専門のサロン『ミュゼプラチナム』の利用者。
テレビや雑誌、電車内に大量の広告を出しているので、ご存知の方が多いのではないかと思います。
今では国内188店という国内最大手ですが、同社の会員は240万人、単純計算すれば1店舗で1万3000人あまりの顧客がいることになり、予約が取れないのも頷けます。
さらにHPでも広告でも「勧誘一切なし」をウリにしているが、実態は違うようで、数万円から数十万円いう高額コースを言葉巧みに契約させられているようですね。

さらに、そもそも脱毛サロンで行われている光脱毛機器を使った施術について、2001年11月8日、厚生労働省医政局医事課長名で極めて重要な通達が行われており、一部を抜粋して紹介すると、
「以下に示す行為は、医師が行うのでなければ保健衛生上危害の生ずるおそれのある行為であり、医師免許を有しない者が業として行えば医師法第17条に違反する」
「用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為」
というものです。

要するに、レーザーもしくはそれに準ずる脱毛機器を使って行われる脱毛行為は医師以外はしてはいけないというものです。
実際に、この通達を根拠に脱毛サロンの医師法違反容疑での摘発が相次いでおり、
大阪府警が光脱毛専門サロン『永久保証のドクタータカハシ』の経営者ら8名を医師法違反で逮捕し、姫路市の脱毛サロン『ハニーフラッシュ』経営者ら3名を兵庫県警が逮捕しています。

脱毛エステで使われている「光脱毛機器」で最も有名で使用台数も多いのがイタリアの『DEKA』製のものですが、前述のハニーフラッシュ社もDEKA社製を使っていて、実は『ミュゼプラチナム』もDEKA製の光脱毛器を使用しています。
ポイントはこの光脱毛機器が果たして「医療機器」か「美容機器」かという問題です。
医療機器であれば薬事法の手続きを踏まねばならず、医師法の問題も出てくるので、関税法違反、医師法違反ということになります。
その点について脱毛サロンは光の出力も弱く毛根を破壊しないから美容機器であるとの主張をしてますが、厚労省通達には「用いる機器が医療用であるか否かを問わず、レーザー光線又はその他の強力なエネルギーを有する光線を毛根部分に照射し、毛乳頭、皮脂腺開口部等を破壊する行為」とあります。
しかも弱いエネルギーでやけどを起こすことは考えにくく、脱毛器の照射出力を上げている可能性があり、そうなると脱毛器の製造・販売会社は薬事法違反であり、また施術者は医師法違反に問われる行為です。

ただ、現状法的には各都道府県によって取扱いに差があり、グレーゾーンになってしまっています。
身体に深刻な影響を及ぼす事案であるので、国としてしっかりとした基準と適用を決めて頂きたいところです。

なお、ここに1つ気になるアンケート結果があります。
1都3県の20~40代女性600人のうち、脱毛サロンに行った方の半数強が「永久脱毛できた」と回答しているとのこと。
もしこれが本当に永久脱毛できているとしたら医療行為にあたるため、医師法違反となります。

3年も4年も予約が取れなかったり、やけどなど深刻な身体被害も事実発生していたり、医師法違反の可能性も指摘されていたりするわけですが、これらの問題点を『ミュゼ』に質問したところ、「回答を控えさせて頂きます」という回答だけがかえってきたそうです。
それでもあなたは脱毛エステを利用しますか?
私なら、ちゃんと法律に準拠した家庭用の脱毛器で十分だと思いますけどね。

自宅でツルツル脱毛!フラッシュ式脱毛器の決定版

まずは公式サイトで実物を見てください。最短で明日から自宅脱毛の環境が整います。お支払いも月3,000円からでOK! 1241 脱毛器ケノン

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ