脱毛時の痛みはどうやって和らげるのか?

脱毛を躊躇されている方にその理由を聞くと、結構な割合で痛みに関する不安を聞くんですよね。
痛みの感じ方は個人差・部位による差がありますし、脱毛方法や機器、エステであればエステシシャンの技術によっても変わります。
当サイトで紹介しているフラッシュ式脱毛器はそのなかでも痛みが少ない脱毛器として知られていますが、それでも痛みを感じて使用を止めてしまう方も居ることはいます。
それ以外にもレーザー式脱毛器を使ってみたいという方や針脱毛をしてみたいという人も居ると思いますので、まずは、それぞれの脱毛による痛みの違いについて説明しましょう。

脱毛法を痛みの少ない順に並べると、フラッシュ式脱毛器<レーザー式脱毛器<針脱毛器となるわけですけど、これは脱毛効果の速さや持続性の強さと反比例します。
フラッシュ式脱毛器がレベル調整によって無痛~ちょっと熱を感じる程度なのに対し、レーザー式脱毛器では刺すような痛みに、鍼脱毛では電気ショックのような痛みを感じるようになります。
単に痛みの強度だけでなく、痛みの種類によっても痛みの感じ方は変わってきますので、それぞれの脱毛器の特徴を把握したうえで、自分にとって痛みを感じにくい脱毛を選ぶと、脱毛を長く続けられるようになります。
また、皮下脂肪が厚いほど痛みを感じにくいと言われていますので、太ももやお尻といった部位を脱毛したいのであれば、痛みが強めの脱毛器でも大丈夫でしょうし、皮下脂肪が少ないスネなどは痛みを感じやすいので、痛みの少ない脱毛器を選んだ方がいいでしょう。

いずれの部位を脱毛するにしろ、痛みを和らげ肌を守るための事前処置はしておくべきです。
もっとも一般的な方法は冷やすことです。
冷やすことで肌が痛みに対して鈍感になるので、ご家庭では脱毛器を使う前に保冷材などで冷やすようにしなければいけませんが、クリニックの脱毛器には冷却装置がついているものもありますし、クリニックでは麻酔で痛みに対処することもありますね。
また、それ以外にも痛みをなるべく感じないようにするために、脱毛する前には、睡眠などの体調管理、肌を乾燥させないように保湿、神経が高ぶらないようにカフェインを控えるといった対処をするようにしましょう。

さらに脱毛後にもその部位を冷やすようにするほか、掻かないようにしたりすることで、肌を守ってください。
そうすることで痛みが早く収まりますし、次回以降の脱毛時の痛みの感じ方も変わってきますよ。

自宅でツルツル脱毛!フラッシュ式脱毛器の決定版

まずは公式サイトで実物を見てください。最短で明日から自宅脱毛の環境が整います。お支払いも月3,000円からでOK! 1241 脱毛器ケノン

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ