医師免許がないままレーザー脱毛をしていたクリニックがまた摘発

愛知県警は5月31日に、医師免許がないのにレーザーで脱毛をしていた岡崎市のクリニック「マリークリニック」の元経営者、鈴木みなえ容疑者を医師法違反の疑いで逮捕したと発表しました。
鈴木みなえ容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているということです。

発表によると、鈴木容疑者は2012年12月21日ごろから2013年7月10日ごろまでの間、医師免許がないにもかかわらず、20~60代の男女計3人に対し、顔や足などにレーザーを照射し、医療行為にあたる脱毛をした疑いがあるとのこと。
このクリニックは皮膚科や美容外科を扱う診療所として05年6月に開設され、14年2月に閉院していますが、愛知県警が昨年3月、鈴木容疑者の関係先を捜索したところ、2012年12月~13年11月に、常勤の医師がいないにもかかわらず、脱毛など美容に関する施術を931回行い、約2350万円の売り上げがあったことが判明したそうです。

以前にも同様なニュースを紹介しておりますが、レーザー脱毛をしているからと言って必ずしも医師がいるとは限らないケースが頻発しております。
私たちは普段お医者様を疑うということをほとんどしません。
お医者様は勤勉で、患者に優しく、偉い方だという印象が無意識のうちにあるからですが、それを逆手にとって、患者をだます行為は許されるものではありません。
ただ、医療脱毛のような高度な医療行為ではない診療の場合、医師でなくても出来てしまうため、患者側が気を付けて受診をする必要があります。
万一、脱毛治療によってやけどを負ったり、色素沈着などが起こってしまってからでは遅いからです。
レーザー脱毛を施術してくれる人が間違いなく医師だと確認できるようなクリニックで、まずは検査・説明を受けてから、しっかり納得できた場合のみ脱毛してもらうようにしましょう。

このようなニュースがあると、果たして高額の費用を払ってまでクリニックやエステで脱毛をする必要があるのかと感じてしまう方も多いと思います。
そこで脱毛すること自体を諦めてしまうのも一つの選択肢だとは思いますが、だからと言ってムダ毛を処理したい、キレイになりたいというあなたの気持ちが完全に無くなってしまうわけではないと思ます。
そのような方は、まずは当サイトで紹介しているような家庭用の脱毛器を使って脱毛の効果を体験し、それで結果が出ればそのまま継続して使い続けて頂ければいいですし、効果が薄く、もっと脱毛したいと思えたなら改めて医療脱毛を検討してみることをおススメします。

自宅でツルツル脱毛!フラッシュ式脱毛器の決定版

まずは公式サイトで実物を見てください。最短で明日から自宅脱毛の環境が整います。お支払いも月3,000円からでOK! 1241 脱毛器ケノン

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ