埋もれ毛にならないためのスキンケア

脱毛器を使って脱毛をした後、次に生えてくる毛が肌から出てくることなく、皮膚の下に埋もれてしまうことを「埋もれ毛」とか「埋没毛」と言います。
赤く腫れあがってしまったり、痒みに襲われたり、そこだけ黒くなって目立ってしまったり・・・
さらに埋もれ毛は処理を間違うと、跡になって残ってしまったりする厄介なものなんです。
出来ることなら埋もれ毛にはなりたくありませんが、それには日ごろのスキンケアが欠かせません。
そこで今回は、埋もれ毛にならないために日ごろから実践したいスキンケアをご紹介したいと思います。

埋もれ毛になってしまうのは、その部分の皮膚が硬くなってしまい、表面に出てくることが出来ない毛が埋まってしまうからです。
そのため、まずは皮膚を柔らかく保つことが必要。
化粧水と乳液を使って、肌を柔らかく保つよう心がけましょう。
皮膚が乾燥すると硬い状態になってしまいますので、表面に出てこれない毛が発生してしまいます。
それを防ぐためにも、脱毛したい部分も、顔と同じように化粧水や乳液をつかって、プルプルの状態にしておきましょう。

また、肌のターンオーバーが正常に行われず、古い角質がたまってしまうことも、皮膚科が硬くなってしまう要因です。
肌を柔らかく保つには上記の通り保湿が必要ですが、さらに週に1回程度スクラブなどを使って古い角質を落とすようにしてください。
常にフレッシュで柔らかい皮膚が肌の表面に来るようにすることで、埋もれ毛を防ぐとともに、脱毛もしやすくなります。

そしてもう1つ、ムダ毛を無理に抜かないようにすることも大事です。
フラッシュ式脱毛器を使って脱毛をした際、フラッシュを当て漏らした部分などのムダ毛が気になることがあります。
それを気になるからと言って、毛抜きなどで抜いてしまうと、肌に負担がかかりすぎて炎症などを起こし、次に生えてくる毛が皮膚の上に出てこれなくなって埋もれ毛になってしまいます。
脱毛しそこなったムダ毛は、剃る程度に留めておいて、次回の脱毛時にしっかり処理するようにしましょうね。

最後に、もし埋もれ毛になってしまった場合、毛抜きなどで無理やり引っ張ったり抜こうとしないようにしましょう。
肌が炎症を起こすリスクがあるだけではなく、毛嚢炎や肌に跡が残ってしまう場合もあります。
上記のスキンケアをしていても埋もれ毛になってしまったという場合は、無理に抜こうとせず、エステやサロン、皮膚科のあるクリニックなどご相談してみるのが一番リスクが少ないと思います。

自宅でツルツル脱毛!フラッシュ式脱毛器の決定版

まずは公式サイトで実物を見てください。最短で明日から自宅脱毛の環境が整います。お支払いも月3,000円からでOK! 1241 脱毛器ケノン

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ