男性の脱毛にもリスクはあるんです

男性の脱毛といえば、あまりに毛深くて悩んでいる方がするものという感じでしたが、最近はメンズエステなどで比較的安く脱毛できるという広告も増え、おしゃれ感覚で脱毛される方も増えていますよね。
ヒゲのデザイン脱毛はまさにその典型と言えるでしょう。
しかし、「手軽に脱毛できる」=「リスクが少ない」と言うわけではありません。
脱毛という行為にはある程度リスクが伴いますので、気軽な気持ちでエステなどに行く前に、以下の内容について一度しっかり検討してみてください。

医療機関でしか受けることが出来ず、効果が高いとされている針脱毛。
毛穴一つ一つに針を刺し、電気を流して処理をするという方法のため、脱毛効果と引き換えに治療中に痛みと電気による火傷というリスクが伴います。
そのため医療機関でしか受けられず、痛みを軽減するための麻酔を使用したり、火傷ができてしまった場合の治療行為をすぐに受けられるよう配慮されています。
針脱毛をする場合は、これらのリスクを覚悟して受ける必要があります。

メンズエステや家庭用のフラッシュ式脱毛器などで出来る光脱毛は、レーザー脱毛よりも出力が弱い光を繰り返し当てることで毛根を破壊する方法で、針脱毛やレーザー脱毛に比べて痛みや皮膚トラブルのリスクが少ないのが特徴です。
しかしながら当然、脱毛効果は針脱毛やレーザー脱毛よりも劣るため、特にエステティックサロンで行うフラッシュ式脱毛は得られる効果に比べてかかる費用が高く、コストパフォーマンスが良くないということは大きなデメリットと言えるでしょう。
光脱毛をするのであれば、家庭用フラッシュ式脱毛器を使うことをおススメします。

原則として、医療機関でしか受けられないレーザー脱毛は、光脱毛より出力が高いため、痛みや火傷などのリスクは光脱毛よりも高くなりますが、医療機関での施術なので麻酔や薬の処方などの対処もしっかり受けられるのが特徴。
また、ごくまれにうぶ毛が硬毛化・増毛化するというりすくがありますが、レーザー脱毛で解消することができますのであまり気にすることもないでしょうし、クリニックによってはそのような場合、無償で対応してくれるところもあるようなので、事前に確認することをおススメします。

また、これは当たり前と言えば当たり前のことですが、もし永久脱毛をした場合、二度と生えて来なくなるので、あとから「やっぱり生やしたい」と思ってもどうすることも出来ません。
髭のデザイン脱毛で永久脱毛えおする場合など、後戻りはできない、一生ものだということをちゃんと理解しておきましょう。

自宅でツルツル脱毛!フラッシュ式脱毛器の決定版

まずは公式サイトで実物を見てください。最短で明日から自宅脱毛の環境が整います。お支払いも月3,000円からでOK! 1241 脱毛器ケノン

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ