VIO脱毛に年齢は関係ないようです

VIO脱毛と聞くと今でも抵抗を感じてしまう方は多いかと思いますが、20代女子の間ではVIO脱毛はもう常識になりつつあるようです。
完全いツルツルにしてしまう人から、男性の髭脱毛のようにデザインに凝った脱毛をされている人もいらっしゃいます。
とてもデリケートな部分で、大切な人以外には見せない部分だからこそ、若い女性を中心にキレイにしておきたいという人が増えてきているんですね。

VIO脱毛と言うと、欧米諸国ではすでに常識であることはご存知の方も多いでしょう。
日本の温泉にやってきた欧米のご婦人は日本の中年女性の全くお手入れがされていないVIOを見てかなりビックリされるケースがとても多いと聞きます。
もう少しすればオリンピックが日本で開催されますし、欧米人の観光地として日本の注目度はますます上がっていくでしょうから、それまでに少しは気を使えるようになりたいところ。

一方で、女性の下半身を毎日何十人と診察している婦人科医によると、「15年前は、下半身つるつるの患者さんがいると、看護師さんたちがざわついたけれど、今では誰も驚きません。全体の割合だと、年代に関係なく、つるつる10%、全くケアしていない人が10%ですね。あとの80%の女性はしっかりケアしています」とのこと。

すでに、なにもしていないほうがマイノリティのようですね。
若い人なら、夏にハイレグビキニを着たい、Tバックをはきたい、恋人ができたら恥ずかしい、という思いでVIO脱毛をするという気持ちもわかります。
しかし、年配の方はいったいどういう理由でVIO脱毛をするのでしょうか?

VIO脱毛はデリケートな部位を脱毛するので、レーザー脱毛はもちろん、家庭用のフラッシュ式脱毛器を使った場合でも、結構熱いし痛いと感じるはずです。
なぜ、痛い思いまでして、中年や高齢の女性はVIO脱毛をするのか?
聞いてみると、高齢であるが故の理由がある事がわかりました。

高齢の女性が下半身をつるつるにする目的のひとつは「いつか介護される日のために」ということらしい。
アラフィフ以上の世代にとって、「いつか介護される自分」はもはや遠い未来の話とは思えないのでしょう。
年を重ねると、どんなに頑張って身体をメンテナンスしても、赤ちゃんのようないい香りは発しないし、だんだん下半身からぶよついてきます。
そうなれば、いろんな穴からあまり好ましくない香りもしてくるのが人間というものです。

つるつるとまではいかなくても、適度に残して処理したVIOであれば、将来的に介護で若い男性スタッフなどにお世話になるときもキレイにしてもらえそうだと考えて、今のうちに脱毛してしまえということでしょうか。
どうせやるなら、痛みに耐えられる若いうちに、また白毛が出てくる前にということで、アラフィフ世代にもVIO脱毛が広がり、日本の女性の多くがVIO脱毛をするようになってきたんですね。

これをお読みのあなたも、VIO脱毛を迷ってるようでしたら、お早めにした方がいいようですよ。

自宅でツルツル脱毛!フラッシュ式脱毛器の決定版

まずは公式サイトで実物を見てください。最短で明日から自宅脱毛の環境が整います。お支払いも月3,000円からでOK! 1241 脱毛器ケノン

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ