脱毛エステ最大手が買収されて再建をめざすことに

当サイトではこれまでにも脱毛エステ最大手、ミュゼプラチナムの問題についてお話してきました。

そんなミュゼプラチナムが経営再建策として選択したのは、買収されるというもの。
具体的には、広告事業やシステム開発を手がける株式会社RVHが、ミュゼプラチナムを運営するジンコーポレーションから買収することで合意しました。
ジンコーポレーションが新会社にミュゼプラチナムの美容脱毛事業を移したうえで、RVHが新会社を株式交換によって完全子会社化するというスキームになるそうです。

これにより、約190の店舗や4000人の従業員は子会社に移籍するため、当面ミュゼプラチナム利用者の利益は担保されそうなので、一安心ですね。
また、これまでミュゼプラチナムが積み重ねてしまった負債はすべてジンコーポレーションに残るそうなので、経営の健全化も図られることになりそうです。
ちなみに、ジンコーポレーションには簿外債務が587億円ほどあるそうで、やはり経営はかなり苦しかったようですね。

RVHの発表資料によると、ミュゼプラチナムの経営が揺らいだ最大の要因は「過剰なコスト体質」にあるようで、RVHによりこの高コストにメスが入ることで、経営基盤を再度強固にしていくとのこと。
具体的には、予約システムの再構築ほか、Webサービスの拡充等による効果的なマーケティング戦略を策定することで、集客力の向上と並行してコスト削減に注力していくということだそうです。

本発表後、RVHの株価は上昇しており、市場関係者も今回の子会社化でミュゼプラチナムは伸びると踏んでいるようですね。

このように、ミュゼプラチナムの再建にむけての方策、体制が整ったことで、多くの会員の方々はホッと胸をなでおろしたことと思います。
しかし、脱毛エステ大手のミュゼであってもこのような危機が訪れるということは、その他の脱毛エステ業者の経営体質に対して不安が無いと言い切れるのか、疑問は残ります。
中小の脱毛エステと契約をされている方々は、不安をぬぐい去れないのではないでしょうか。

これから脱毛をしてみようとお考えの方、脱毛エステはもうコリゴリと言う方、ぜひ一度、家庭用の脱毛器を手に取って試してみてはいかがでしょうか。
特に当サイトで紹介させていただいているフラッシュ式脱毛器は、脱毛エステと同じ光脱毛でムダ毛を処理しますので、自信をもっておススメ出来ますよ。

自宅でツルツル脱毛!フラッシュ式脱毛器の決定版

まずは公式サイトで実物を見てください。最短で明日から自宅脱毛の環境が整います。お支払いも月3,000円からでOK! 1241 脱毛器ケノン

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ