ブライダル脱毛の際に気を付けること

一生に1度の晴れ舞台、結婚式に向けてブライダルエステに通うことは今や常識となりつつあります。
ウェディングドレスをキレイに着こなすために、ダイエットに励み、お肌を瑞々しく保つように努力をしているはずの花嫁たちですが、結婚式の後に「結婚式で後悔していること」についてアンケートを取ってみると、非常に多くの方が「脱毛」という回答をしているそうです。
挙式の前と言うのは思っている以上に準備しなければいけないことが多く、脱毛まで手が回らなかったり、時間が無かったりしてしまいますが、ウェディングドレスは背中やうなじなどとても露出が多いドレスなので、出来ることならしっかり脱毛して綺麗な状態で晴れの舞台を迎えたいと思いますよね。

そこで今回は、いざウェディング脱毛をしようと思い立ったときに注意すべき点をご紹介しておきますので、思い出深い挙式を挙げられるよう参考にしてみてください。

脱毛はなるべく早く始めるのがいい

一度でも脱毛を経験したことがある方ならわかると思うのですが、脱毛は1度だけでは明確な効果を実感できないものです。
出来ることなら半年以上かけてフラッシュ式脱毛器や脱毛クリニックで脱毛したいところです。
ただ時間が無いからと言ってシェーバーなどで脱毛してしまうと、肌トラブルでさらに肌が見せられない状態になってしまう可能性があるので、回数が足りなくても、やらないよりやった方がいいという気持ちでフラッシュ式脱毛器や脱毛クリニックに頼りましょう。

その際、脱毛は、フラッシュ式脱毛器や脱毛クリニックで光をあててから2週間後くらいに毛が抜け落ちてきますので、式の2週間ほど前に最後の脱毛をするようにするといいでしょう。
逆にいうと2週間前がリミットと言えるのかもしれませんね。

脱毛をしておくべき個所はココ

脱毛をする部位は、ウェディングドレスの形状によって変わりますが、背中、うなじ、脇、腕の4カ所はほぼほぼ露出するので、脱毛を行うようにしましょう。
特に、背中はとても目立つので必ず施術しておきたいものです。

また、脱毛エステなどで脱毛をする場合、背中なら「背中・上」「背中・下」、腕なら「両ひじ・上」「両ひじ・下」など、1つのパーツを2部位以上に分けていることが多いので、あらかじめどのような部位に分けているのか、それぞれの費用がいくらなのか確認して、ウェディングドレスのデザインやムダ毛の状況に合わせて、余計な費用を払わずに済むようにしてくださいね。

場合によっては、全身脱毛を選んだ方が安く済んでしまうこともあります。
脱毛サロンやクリニックの脱毛コースをよく検討してみて下さい。

日焼けは絶対に避けてください

日焼けして傷んでいる肌は、炎症などのトラブルを招く恐れがあるため、脱毛用のレーザーやフラッシュの光をあてられず、脱毛出来ない場合があります。
紫外線の強い夏はもちろん、たとえ冬であっても脱毛している期間中は日焼け対策を欠かしてはいけません。
無事挙式が終わるまでは、日光とは絶縁してくださいね。

自宅でツルツル脱毛!フラッシュ式脱毛器の決定版

まずは公式サイトで実物を見てください。最短で明日から自宅脱毛の環境が整います。お支払いも月3,000円からでOK! 1241 脱毛器ケノン

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ