肌アレルギーをお持ちの方の脱毛方法

ムダ毛の多さが気になるんだけど、アレルギーで肌が弱いから脱毛は無理と諦めてしまっている方も多いようです。
そのような方は過去にカミソリを使って脱毛をしてみたけど、肌が荒れたり炎症を起こしてしまって痛い目を見たというケースが多く、それがトラウマになって脱毛を諦めてしまったようですね。
カミソリによる脱毛は無理だからと言うことで、ハサミで出来る限り短くカットしているという方も居るようですが、チクチクと不快な思いを我慢しているようですし、あまりお勧めできる方法ではありません。

カミソリは手軽な脱毛方法として誰しもが試してみるかと思いますが、どんなに優しく剃っても肌に結構強い刺激を与えてしまう事になるので、アレルギーの方や肌が弱い方にとっては危険な脱毛方法なんですよね。
そのような方で、どうしてもカミソリでムダ毛を脱毛しないといけないとなった場合は、5枚刃のように刃の多いカミソリを使い、シェービングジェルでしっかり肌を保湿&ガードしながら脱毛すれば、かなり肌への刺激が低減されるので、お試しいただければと思います。

しかし、アトピーなど肌アレルギーがある方にとってカミソリによる脱毛は出来る限り避けた方がいいことは間違いありません。
もし、ムダ毛の長さや量がそれほど多くないのであれば、脱色して目立たなくさせるというのも1つの方法です。
脱毛するわけではないので、肌への刺激はほぼありません。
脱色するのが手間ではない分量や部位であれば、肌への刺激がない脱色をおススメします。

では、ムダ毛の分量が結構ある場合はどうすればいいのでしょうか?
その場合は、フラッシュ式脱毛器やレーザー式脱毛器のように肌への直接的な接触が無い脱毛方式を選択することです。
なかでも肌への刺激が少ないという点で選ぶなら、レーザー式よりも出力が弱いフラッシュ式脱毛器と言うことになります。

フラッシュ式脱毛器は当サイトでも紹介しているように家庭用のものと脱毛エステで利用している業務用のものがあります。
ただ法律で出力に規制があるため、どちらのフラッシュ式脱毛器でも脱毛能力に差異はほとんどありません。

自分で好きな時に脱毛できる利便性と低コストな家庭用か、エステティシャンから施術&ケアをしてもらえる脱毛エステか、どちらを選ぶのかはご自身の都合に合わせてチョイスしてください。

ただ、1つ言えることは、アトピーなど肌にアレルギーをお持ちの方は、一番弱い出力から初めて肌の様子を確認しながら脱毛をするほうが良いので、自分で出力も調整できる家庭用のフラッシュ式脱毛器からお試しいただいた方が無難だと思います。

自宅でツルツル脱毛!フラッシュ式脱毛器の決定版

まずは公式サイトで実物を見てください。最短で明日から自宅脱毛の環境が整います。お支払いも月3,000円からでOK! 1241 脱毛器ケノン

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ